青風窯の玉田彰先生からお茶碗をいただきました。

壺屋焼の文様薄くて軽い。沖縄の焼物はぽってりしたものが多いのですが玉田先生の作品は磁器に近い薄さです。

以前に頂いた木挽の茶碗でこれからはご飯を頂くことにします。

自粛期間中勝武さんは三線作りと胡弓作りに没頭していました。職人としては製作に没頭できたかも、玉田先生も壺屋にいた頃を思い出したのかなと、このお茶碗を見て感じました。

あらガッチャンが

木挽きの茶碗と