本島北部 慶佐次は正雄先生の故郷です。

そこの公民館の前に先生の銅像があります。

先生の誕生日に先生が大好きだったものをお供えして弟子たちが三線を弾きます。

とっても微笑ましい光景でした。