娘たこまの舞踊コンクール新人賞のお祝いに私の妹から房指輪のプレゼント。金細工またよし  又吉健次郎先生に作って頂きました。

房指輪の入った箱に琉歌を書いて頂きました。

 昔 花嫁ぬ 房の指輪や   年経たる今ん  島ぬ宝

蝶花扇   かりゆしぬしるし   たこま指飾てぃ

晴れぬ舞台

この指輪で舞台に立つ日が楽しみです。

娘の一生の宝になるでしょう。

またよし先生は自分が今使っている仕事の道具のこと、 後継者 、道具の大切さ 、受け継ぐことの意味について話して下さいました。

写真は房指輪をしている婚礼の花嫁さん

下の写真はまたよし先生の直筆の琉歌と銀の房指輪です。

とっても大切にしたい島の宝です。