11月22日は息子の結納でした。

御縁節(ぐいんぶし)

御縁あて弟ぎゃ    意)縁あって会うことができたのは
会って嬉しさや      大変嬉しい
うちはれて遊べ      思う存分遊んでくれ
我も遊ば         私も今日は思いっきり遊ぶつもりだ

仲順節(ちゅんじゅんぶし)

別れても互いに    意)別れてもお互いに
御縁あてからや      御縁があるからには
糸に貫く花の       糸に貫いた花が散りさることが
散りて退くめ       ないように またお会いすることが
あるでしょう

結納の席で勝武さんがこの2曲を歌いました。出会った二人の縁がいつまで  も続くように、そして産んで育ててくれた親との縁は決してなくならないと  歌った古典音楽です。

私たち夫婦の結納の時も勝武さんの兄弟子が歌ってくれました。
きっと息子も弟の結納の時は歌うでしょう。

誕生の歌、結納の歌、結婚式の歌、人間の折々の歌があるのです。
奥が深いです。古典音楽は。