今年の1月から2月にかけて、白川敏弘さんが撮影をしていました。 まだ、どういう作品になるのかよくわかりませんが、予告編がアップ されているので、ご覧になって下さい。 http://vimeo.com/36955190 勝武さんは三線作りに夢中になっているときにお父さんに聴きたいことがあって、話しかけようとして、はっと我にかえって苦笑いをすることがあるそうです。 もうこの世にいないとわかっていながら、お父さんの存在を感じながら作っていた頃に戻ることがあるようです。 勝武さんが、作り始めたのは20歳。今、息子たちがその年齢になっていて、これから、彼らがどういう成長をしていくのか、、、、 映像を通して父親を観たときどんな感じがするのか、 楽しみな作品です。