息子は今朝ブラジルへ行った。
大学の現地実習なのだ。

折りしもブラジルとアルゼンチンは移民100周年でいろいろな記念式典が目白押し。彼も現地で棒術を披露するらしい。
それにしても彼の出かけるまでのスケジュールは、すごかった。
なんと!前日まで野球の公式戦に出ていた。大会第3号のホームランを放ち(親バカですね)、これで実習に専念出来ると喜んでいた。
真剣にバットとグローブとボールをブラジルへ持っていこうかと考えていた。(笑)
息子は10歳から野球をやっていて、バットとグローブに触れることが生活の一部になっている、2週間もそれをやらないですごすとどうなるのか自分でも想像がつかないらしい・・・。

24時間飛行機を乗り継ぎ、ブラジルにいらっしゃるウチナーンチュ2世、3世との交流、国の大きさに彼は何を思うのだろうか。
沖縄を遠く離れたブラジルでも沖縄の文化は守り育てられているらしい。異国で聞く三線の音色や歌に彼は何を思うだろうか・・・。

旅の無事を祈って火の神様(ひぬかん)に祈った。最初は息子の無事を祈ったけれど、思い直してツアーのみなさんの無事を祈ることにした。